西尾維新『きみとぼくの壊れた世界』における


病院坂黒猫の「分からないことがあるぐらいなら死んだ方がましだ」という台詞は、非常に馬鹿げているが、分からないでもない。

2006/5/15