短歌2首

ぬばたまの暗室籠もり夜もすがらあけて目をさす朝の色かな

恋う人を知らぬ孤独の苦しさにきみに恋するふりをしてみる