短歌4首

朝の麦酒はなんでこんなに美味いのか恋に気づいた乙女のように

金色の乙女の恋するお相手は France 生まれの Gitane Caporal

金色の乙女の舌の雄雲雀の舌と絡みて戦慄をする



恋がすべて仮象であって悪いかとそう問うぼくは独我論者で