短歌4首

カラオケに行く金ないから自転車の軋みの上に歌っているよ

デジタルの腕時計のバック・ライトのピュイーと鳴りて暇はまぎれず

この夜にきみも孤独であったらと願ってしまうを愛は許すか?

つきぬけるみ知らぬ声の姦しさ求める人はその中になし