短歌3首

甘藍を剥いた芯見て8月の6日の近きが思い出された

夢のなか曇り空下ピクニック覚めて目をさす昼陽の光

野菜さえ美味くなければ夏なんてところにゃにどときてやるもんか