短歌3首

魂の不死などもう望まないからこの退屈から連れ出してくれ

ただ一つ水出し緑茶ということをたよりに夏の坂道をこぐ

なにひとつしなかった日に湯を浴びて汗流すことに感じる罪悪