夢の生活の乖離

どうやら 夢の中の生活は ぼくからはなれていってしまうようだ
もう1人のぼく かれによって いまやそれは生きられている
〈魂〉の生成!超越的な!
もはやぼくには記述できそうもない